TOPへ戻る > ガンと言う病気の真実

ガンと言う病気の真実

"日本人のほぼ2人に一人がガンにかかり、そして日本人の3人に一人がガンによって死亡するということです。
しかしながら、昔と比べてガンはなったらそれで終わり、というような病気ではなくなってきた感じがします。でも、ガンで一番重要と思われる5年生存率においてはガンにかかった人の5年生存率は50%ほどとまだまだかかっていしまうと厳しい病気である乞うことは何ら変わりはありません。
仮にガンにかかって手術などによって助かったとしても、のちに抗がん剤の苦しい治療やリハビリ生活も待っている場合が多くなります。
今のところガンに対する決定的な治療はないのが真実と言えるでしょう。もちろん一部のガンでは有効な治療もありますが。
そうすればガンに対して持っても有効な対策は早期発見早期治療と言うことにほかなりません。それこそ早期発見さえできればガンも特に恐れるような病気ではないのを今では誰でもわかっているはずです。しかしながら、ガン検診の受診者はずっと低いままとうのが真実なのです。

"

関連するエントリー
ガンと言う病気の真実
やせ細り、髪が剥げ落ちてしまうガン
自分自身の力を活用したガン治療
直腸がんと頻便
ガン治療にもっと関心を持ってほしい