TOPへ戻る > ガン保険

ガン保険

"若い頃より色々な保険に入ってきたその内変化したのは車用、家財用、
それに健康保険も家内用等は相当変更した。ただ自分のガン保険はそのままである、ある友人に聞くと、保険をかける事は
好まない、どうしても勿体なくて入る気がしないと言う人いる、
細かな計算等でどちらが有利かどうか、詳しく知らないが私はやはり入った方が安心感があるようなきがする。
相当若い頃ガンではなかったが、何ヶ月か入院し会社を休まざるを得なかった、
その時ボーナスは減らされたが、月給そのものは健康組合から出され結果的には減らされてなくて、有難く思ったものだ。
はっきり言うて若い頃は妻も若く、子供も学費が掛かり大変であり保険の価値があるが、子供も家庭持てば親はそれ程の保険の必要性がなくなる。
掛ける金額も安くして身軽状態なでも十分である。その方向性は恐らく正しくて間違いない思うが迷っている。
それは今まで掛けてきたがん保険の内容は内容がしっかり
していて申し分ないからだ。
"

関連するエントリー
がん保険は若いうちにはいって負担金をおさえたい
ガン保険
母の乳がん治療の保険金
夫婦でがん保険に加入しました。
がん保険の加入
ガン保険には入った方が良いですよ