TOPへ戻る > がん保険は若いうちにはいって負担金をおさえたい

がん保険は若いうちにはいって負担金をおさえたい

"まさにいまがん保険について各社から資料を請求して比較検討しているところです。理由は、親戚があいついでがんになったこと。一人はなくなりました。その闘病の様子を見ていると、がんになってしまったらお金のことで心配している余裕もないだろうなと思いました。
どうも分からないでいたのは、一般の医療保険との違いや、医療保険に入っているのにあえてがんに特化した保険に入る必要があるのかということ。
現在の認識では、がんは長期の治療となり医療費もほかの病気とくらべてかなりかかるから保険でカバーしようということかと思います。仕事も長期休業かへたしたら失業となります。
いま30代後半なので、毎月の保険料は3000円くらいで入れるようです。もっと若い時には3000円以下で入れたようです。保険期間の支払い総額で損得を見ていましたが、歳をとってからの3000円は厳しいかもしれません。支払い総額は高くなっても、若いうちに入って月々の支払い負担を低く抑えた方がよかったなと思いながら、急ぎ足で申し込みを検討しています。"

関連するエントリー
がん保険は若いうちにはいって負担金をおさえたい
ガン保険
母の乳がん治療の保険金
夫婦でがん保険に加入しました。
がん保険の加入
ガン保険には入った方が良いですよ